ブログ

秋のビーチサイドレシピ

今回のツアーでとりあげた、ちょっと寒くなった秋のビーチにぴったりな、アウトドアクッキングを紹介いたします。
ダッチオーブニストやキャンパーにはおなじみのメニューですがビーチで食べると一味ちがいます。

ほら、においを想像するだけで、なんだか食べたくなってきたでしょ・・・

1、キャベツの丸ごと蒸し煮 
キャベツを一個、つかったおおきなロールキャベツです。ダッチオーブンの力で、ふんわりとろとろ、甘みが最高。

 材料:
   キャベツ     1個
   ひき肉     400グラム
   たまねぎ     1個
 キューブのコンソメ  3個
   塩コショウ
    油

  ・フライパンで、みじん切りにしたたまねぎを油でいためる。
  ・そこへ、ひき肉を投入!色が変わるまでいためる。
  ・塩コショウをぱらぱら、これで中身の出来上がり。
  ・キャベツの葉を一枚ずつはがし、いためたひき肉をはさんでまたもとの形に戻していく。
  ・はがれにくかったら、キャベツを沸騰したお湯にくぐらせると簡単!
  ・これで、ひとまわり大きくなったキャベツの出来上がり。
ここまでを自宅のキッチンでやっておきましょう。
  ・海へ行ったら、ダッチオーブンにキャベツと、コンソメと、キャベツの頭が出るくらいの水をいれて、たき火の上へ
   ドン!
  ・一時間ほど遊んだあとは、ふんわりとろとろのキャベツがまってます。


2、鮭のちゃんちゃん焼き
河原シェフ特製、鮭のちゃんちゃん焼き!   
 ▲新鮮な生鮭が手に入るこの時期ならでは。海辺がにあう豪快料理。

 材料:
   生鮭半身(今回は岩手産を使用)
   キャベツ
   たまねぎ
   もやし
   しいたけ
   しめじ  等季節の野菜
   白みそ
    酒
   砂糖
   バター
   塩コショウ
    油

  ・鮭は塩コショウし、野菜は3センチほど一口大に切っておく。
  ・熱した鉄板に、油をひき鮭を身の方から焼く。
  ・鮭のまわりで野菜を焼く。
  ・鮭の片面が焼けたら、ひっくり返し皮の方を焼く。
  ・野菜を鮭の上にのせ、アルミホイルをかぶせてしばらく蒸し焼きにする。
  ・鮭に火が通ったら、白みそ、酒、砂糖を合わせたたれをかけて、最後にバターを落としてできあがり。
  ・かき混ぜてもいいし、鮭と野菜のコントラストをたのしむのもまた良し。
  ・豪快な漁師料理を召し上がれ。


3、焼きリンゴ   
女性に人気のホットデザート。一口食べると、なつかしさがこみ上げてきます。
  
 材料:  
   リンゴ(国光、紅玉など硬いリンゴがgood)
   バター
  グラニュー糖
 シナモンスティック(なければシナモンパウダー)

  ・リンゴの上部から、芯の部分をくりぬく。スプーンの柄でやるとケガの心配なし。底抜けにならないように。
  ・できた穴に、バター、グラニュー糖、シナモンスティックを入れる。
  ・リンゴをアルミホイルで包む。
  ・上下に気をつけながら、底網をひいたダッチオーブンに並べる。
   今回は10インチに6個のリンゴが並びました。
  ・ふたをして、火の上へ。
  ・甘いにおいがしてきて、竹串が簡単にとおるようになったら完成です。
  ・ホロホロと簡単に崩れるリンゴ、心と身体をあたためます。


  ぜひお試しあれ。

| 1/1PAGES |



Page Top